加圧処理木材(防腐・防虫)

防腐・防虫に効果があります

近年ますます見直されているのが耐久性・耐震性に優れた木造住宅です。
いつまでも住宅を長持ちさせるためには、建築設計時の状態を常に持続させるための保守管理と、手入れの難しい場所には防腐・防蟻処理を施した耐久性のある木材を使用することが必要になります。

Exif_JPEG_PICTURE

安全性が実証されています

加圧式防腐・防蟻処理で使用する木材保存剤は、主成分が銅とアルキルアンモニウム化合物系の「マイトレックACQ」を用いています。このマイトレックACQはJIS(日本工業規格)の定める木材保存剤に適合する優れた防腐・防蟻剤です。過酷な条件下でも人、環境に安全であると明らかにされています。たとえば日本食品分析センターの試験結果からもA類該当(安全である)と確認されています。

Exif_JPEG_PICTURE

耐久性に優れています

加圧式処理法は注薬缶の中に木材を収め、真空ー加圧ー真空というプロセスを通じて薬剤を木材の内部まで染み込ませます。
たとえば木材が干割れを起こした場合でも、シロアリや腐朽に対して無防備な状態になりません。無処理材に比べて3倍の耐久性があります。

Exif_JPEG_PICTURE