スギ板材・上・小節

在庫多数ございます。
zaiko1
材質[編集]

スギには多くの地域品種があり、材質も品種、系統により異なる。建築材料として使用する際の強度の指標となるヤング率の変異幅もカラマツ、ヒノキ等に比較して非常に大きい[要出典]。またヤング率は品種だけではなく樹齢によっても変化する。

建築用材として使用する際には伐採して製材後に乾燥する必要があるが、心持ち角材の乾燥時に問題となる心材の含水率もヒノキ等と比較して高く、変異幅も大きい[6]。低含水率材は約50パーセントのものもあるが高含水率材では200パーセントに達するものもある[7]。このことはスギの利用上の問題のひとつとなっている。

Comments are closed.